MIKASA
Home サイトマップ お問合せ
M-synergy
SEMICONDUCTOR EQUIPMENTS
M-synergy
HEIDENHAIN
(ハイデンハイン)
  リニアエンコーダー(オープンタイプ)
リニアエンコーダー(シールドタイプ)
高精度エンコーダ
長さゲージ
ロータリーエンコーダ
カウンタ
調整・検査用製品
旧製品の互換性について
M-synergy
Opticoat
contents
HEIDENHAIN  
home >> HEIDENHAIN(ハイデンハイン) >> リニアエンコーダ(シールドタイプ)
リニアエンコーダ(シールドタイプ) ハイデンハイン

ハイデンハインのリニアエンコーダ(直線位置検出器・リニアスケール)は、機械的な伝送エレメントの助けを借りることなく直線軸の位置を検出します。これにより、下記の誤差の原因を取り除くことが出来ます。

  • ボールネねじの熱膨張による位置決め誤差
  • 反転誤差
  • ボールねじのピッチ誤差による動的誤差
位置決め精度と加工速度が要求される機械にとってリニアエンコーダ(直線位置検出器・リニアスケール)は不可欠です。

シールドタイプリニアエンコーダ(直線位置検出器)

ハイデンハインのシールドタイプリニアエンコーダ(直線位置検出器)では、汚れ等の過酷な使用条件下での工作機械および機器への使用に適しています。主な用途は次の通りです。

  • フライス盤
  • ボール盤
  • マシニングセンタ
  • 施盤
  • 研削盤
  • 放電加工機
  • 溶接機
  • 曲げ加工プレス

リニアエンコーダ(シールドタイプ) ハイデンハイン
リニアエンコーダ(シールドタイプ) ハイデンハイン

機械的構造

ハイデンハインのシールドタイプリニアエンコーダ(直線位置検出器)では、アルミニウム製のハウジングが、スケール、走査キャリッジおよびそのガイドを切粉、ダスト、飛沫などから保護します。またハウジング下方のシーリングリップがそれらの進入を防止するような構造になっています。走査キャリッジは、ほとんど摩擦なしにスケールに沿ってガイドされます。カップリングが、キャリッジを取付ブロックと連結し、スケールと機械スライドの間の不可避的なミスアライメントを補正します。

スケールと取付ブロックの間のミスアライメントおよび段差は、スケールのタイプに応じて±0.2mmから±0.3mmまでの範囲内で許容されています。

温度特性

ハイデンハインのリニアエンコーダ(直線位置検出器)の温度特性は、機械の動作精度を測る重要な判断基準となります。通常、リニアエンコーダ(直線位置検出器)の温度特性は、工作物や測定物の温度特性と一致するようにして下さい。温度変化が発生した場合、リニアエンコーダ(直線位置検出器)がある特定のポイントを基準にして伸び縮みし、それによりリニアエンコーダ(直線位置検出器)と機械の間に位置ずれが生じないように設計されています。

ハイデンハインリニアエンコーダ(直線位置検出器)のスケールスベースは、それぞれ熱膨張係数が違います。そのため、温度特性の面からその時々の測定課題に適したリニアエンコーダ(直線位置検出器・リニアスケール)を選択することができます。

ハイデンハイン製品のお問い合わせ カタログ・価格表 のダウンロードはこちらから
小型ハウジングのリニアエンコーダ
小型スケールハウジングのリニアエンコーダは、狭い取付けスペースに適した設計になっています。 マウンティングスパーやクランプを使用して取付けた場合、より測定長の長いものが利用でき、許容加速度も高くなります。
  精度等級 測定長ML 信号周期 インターフェース 型式
アブソリュート位置値測定
・ガラススケール
±5μm
±3μm
70〜1240oマウンティングスパーまたはクランプ付70〜2040o 20μm EnDat2.2
EnDat2.2〜1Vpp付
ファナックαiインタフェース
三菱
DRIVE-CLiQ
LC 415
LC 485
LC 495 F
LC 495 M
LC 495 S
高い繰り返し精度用のインクリメンタル・リニア測定
・スチールスケール
±5μm
±3μm
50〜1220o 4 μm 〜1Vpp LF 485
インクリメンタルリニア測定
・ガラススケール
±5μm
±3μm
70〜1240oマウンティングスパーまたはクランプ付70〜2040o 20μm 〜1Vpp
TTL
LS 487
LS 477
標準型ハウジングのリニアエンコーダ
標準型スケールハウジングのリニアエンコーダは、堅牢性と高耐振動性、長尺測定を特徴としています。 走査キャリッジと取付けブロックの連結部は斜めになっているため、シーリングリップ部分が垂直下方向へ向けられるよう設計されており、ハウジングの取付けが縦位置でも横位置でも同じ保護等級を満たします。
  精度等級 測定長ML 信号周期 インターフェース 型式
アブソリュート位置値測定
・ガラススケール
±5μm
±3μm
70〜1240oマウンティングスパーまたはクランプ付70〜2040o 20μm EnDat2.2
EnDat2.2〜1Vpp付
ファナックαiインタフェース
三菱
DRIVE-CLiQ
LC 415
LC 485
LC 495 F
LC 495 M
LC 495 S
長尺用アブソリュート位置値測定 
・スチールスケール
±5μm
3240〜28040o 40μm EnDat2.2
EnDat2.2〜1Vpp付
ファナックαiインタフェース
三菱
LC 211
LC 281
LC 291 F
LC 291 M
高い繰り返し精度用のインクリメンタル・リニア測定
・スチールスケール
±3μm
±2μm
140〜3040o 4 μm 〜1Vpp LF 185
インクリメンタルリニア測定
・ガラススケール
±5μm
±3μm
140〜3040o 20μm 〜1Vpp
TTL
LS 187
LS 177
長尺用インクリメンタル・リニア測定
・スチールスケールテープ
±5μm 440〜30040o測定長がこれ以上の場合はお問い合わせ下さい(ただし、最長72040o) 40μm 〜1Vpp LB 382
     
 
ページトップに戻る ↑
© MIKASA CO., LTD 2005 ミカサ株式会社